電子申請の準備

電子申請e-govの始め方!この3つさえ準備すればとりあえずいける!導入方法は?

e-gov始め方

電子申請ができるサイトe-gov

e-govサイト画面

2020年4月から義務化になるので、利用する人は増えるでしょうね。

e-govで電子申請を始める時は、何の準備が必要なのか?

とりあえず、最低限この3点を準備すればいけると思います!

この記事では、何を準備すればいいのか?詳しく解説していきます。

電子申請は、ソフトを使った申請方法もあります。(外部連携API)

ただし、今回はソフトを使った申請の話については行いません!

e-govを使用する方が、何を準備すればいいのか?解説していきます!

電子申請e-govの始め方 電子証明書を準備する

義務化の対象となる、雇用保険や社会保険の手続きを行う際は、基本的に電子証明書が飛鳥になります!

ビリー
ビリー
労働保険とかも必要ですね!

電子証明書とは?

申請書の画面などに、署名を行うもの。

紙で申請する際も、会社の印鑑とか押しますよね?

その代わりになるのが、電子証明書です!

電子証明書はどうやって取得するの?

では、この電子証明書をどこで取得できるの?というと…

色んな場所があります(笑)

e-govのホームページからダウンロードできるものではないんですよね。

電子証明書を発行している専門の機関があるので、そこから取得を行います。

電子認証登記所(商業登記認証局) ファイルタイプ
日本電子認証株式会社 ICカードタイプ
東北インフォメーション・システムズ株式会社 ICカードタイプ
株式会社帝国データバンク ICカードタイプ
セコムトラストシステムズ株式会社 (旧セコムトラストネット株式会社) ファイルタイプ
三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社 ICカードタイプ
地方公共団体による公的個人認証サービス ICカードタイプ
株式会社NTTネオメイト(旧株式会社NTTアプリエ) ICカードタイプ

お金はかかるの?

地方公共団体による公的個人認証サービスはマイナンバーカードのことを指しています。

マイナンバーカードって、あの公的のカードね!

確定申告でも使ったことがある人もいると思います。

マイナンバーカードは発行手数料がかかりません。

でも、それ以外の電子証明書は基本的に手数料はかかるそうです。

ビリー
ビリー
お金をかけてくない人は、マイナンバーカードがおすすめ

電子証明書はお金がかかってしまう発行元が多いけど、取得しないと電子申請できないので腹をくくりましょう!

電子申請e-govの始め方 電子申請アプリケーションをインストールする

e-govの申請書の入力をするには、電子申請アプリケーションが必要です。

申請の画面に進むとこのアプリケーションが起動するのですが、これがなければ申請書の入力を一切できません!

電子申請アプリケーションはどこからインストールできる?

e-govのホームページからイントールできます。

電子申請アプリケーション

電子申請アプリケーションのインストールはこちらから

ちなみに、無料でインストールできます!

これをインストールしなければ、電子申請はできません。

電子申請e-govの始め方 ポップアップブロックの解除

さぁ、いよいよ申請を始めるぞと思い手続きの画面まで進んだのですが…

申請するというボタンを押しても、画面が変わらなかった…

申請する

これはかなりイライラしましたね(笑)

ということで、e-govのヘルプデスクにお問い合わせしたら、ポップアップブロックがかかって画面が変わらないトラブルが起きていると言われました。

解消法はここの画面に書いています。

ポップアップブロック解消法

まぁ、要はパソコンの設定が原因で画面が変わらないようです!

ちなみに、e-govのヘルプデスクの電話番号もなかなか見つけられなかった!(笑)

一応、こちらにヘルプデスクの電話番号を書いおきます。

e-govヘルプデスク

050-3786-2225

電子申請e-govの始め方!この3つは準備して!

電子申請を始める方、この3つは最低限準備しましょう。

電子証明書の発行

電子申請アプリケーション

ポップアップブロックの解除

e-govのホームページ、利用準備という画面にもどんな準備が必要か?書いています!

利用準備

電子証明書は利用準備のチェック2、ポップアップブロックは利用準備のチェック3、電子申請アプリケーションは利用準備のチェック5に当てはまります!

是非、参考にしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA