電子申請の準備

電子申請e-govは何ができる?この記事を読めば3分で分かる!分かりやすく解説

e-govでできること

電子申請義務化が始めることで、e-govを利用する方も増えてきましたよね!

これから初めてe-govを使って電子申請をする方も多いと思いますが…

ビリー
ビリー
e-govって何ができるのかよく分からない

っていう方も多いはず。

ということで、この記事ではe-govで何ができるのか?詳しく解説していきます!

e-govでできること

①電子申請ができる

ご存じだと思いますが、e-govは電子で申請ができます。

今ままで、社内で雇用保険関係の手続きなどを行っていた方は、最寄りのハローワークに書類を持って行き電子申請をしていたかと思います!

電子申請だと、窓口に行かなくてもいい!

使用環境が整っていれば、社内や自宅のパソコンから雇用保険や社会保険等の電子申請が可能です!

電子申請ができるパソコン環境は以下の通り。

OSのバージョン ブラウザ
window7

・InternetExplorer11
・Firefox 59 以降
・Chrome 66 以降

window8.1 ・InternetExplorer11
・Firefox 59 以降
・Chrome 66 以降
window10 ・InternetExplorer11
・Edge 41 以降
・Firefox 59 以降
・Chrome 66 以降

あと、電子申請を始める時は電子証明書とアプリケーションのインストールが必要です。

詳しくは、こちらの記事から。

電子申請e-govの始め方!この3つさえ準備すればとりあえずいける!導入方法は?

②公文書のダウンロードができる

通常、窓口で申請をした際は提出先から「通知書」や何かしらの書類が発行される手続きもあると思います。

それも、e-govからダウンロードできるんです。

提出先から発行される書類を、e-govでは公文書と呼びます。

公文書は、e-govの状況照会という画面やパーソナライズという画面からダウンロードすることができます。

公文書を状況照会からダウンロードする場合

公文書を状況照会からダウンロードする際は、到達番号問い合わせ番号というものが必要になります。

これは、手続きが終わった後の到達確認画面で表示される番号です。

e-gov到達確認画面

出典:e-gov

この画面は、状況照会で公文書をダウンロードする時に使うので、必ず保存しましょう!

ビリー
ビリー
画面上に、保存か印刷の画面があるけど、データ保存をした方が良いと思う。その方が、番号を手打ちではなくコピペできるからね!

公文書をパーソナライズからダウンロードする方法

同じく、手続きを送信した後の到達確認画面でパーソナライズに登録というボタンを押します!

e-gov到達確認画面

出典:e-gov

到達確認画面の左上にある、水色のボタンです。

これで、パーソナライズに手続きが登録されます!

パーソナライズは手続きを送信すると、自動で登録されるわけではないので注意!

必ず、「パーソナライズに登録」ボタンを押しましょう。

③パブリックコメントを送信できる

e-govのサイトからは、パブリックコメントの送信ができます。

パブリックコメントとは、国が計画している政策などについて、国民が意見を送れるものです。

国の行政機関は、政策を実施していくうえで、さまざまな政令や省令などを定めます。これら政令や省令等を決めようとする際に、あらかじめその案を公表し、広く国民の皆様から意見、情報を募集する手続が、パブリックコメント制度(意見公募手続)です。

出典:e-gov

④法令検索

電子申請をする方は、あまり使用することはないかもしれませんが、e-govからは日本の法律や条例も検索できます。

e-govで具体的に申請できる手続き

e-govは電子申請に使う方が多いと思いますが、実際にこのような申請が可能です。

雇用保険 被保険者資格取得届
被保険者資格喪失届
被保険者転勤届
⾼年齢雇用継続給付支給申請
育児休業給付支給申請
健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届
被保険者報酬月額変更届
被保険者賞与支払届
労働保険 年度更新に関する申告書書(概算保険料
申告書、確定保険料申告書、一般拠出
⾦申告書)
増加概算保険料申告書

上記で紹介したのは、厚労省関係の手続きですが、e-govで厚労省関係以外の手続きもできます。

例えば、こんな手続き。

  • ガス事業生産動態統計調査(簡易ガス事業)
  • 疑わしい取引の届出
  • 自動車輸送統計調査旅客営業用(特定)
ビリー
ビリー
申請できる手続きの種類は幅広い!

e-govでできることまとめ

e-govのサイトでできることは以下の通り。

窓口に行かずとも申請ができる

提出先から発行される書類もダウンロードできる

パブリックコメントの送付や法令検索もできる

厚労省関係の手続きや、それ以外の手続きも幅広く電子申請できる

e-govを使用すれば、社内の入退社の手続き、労働関係の手続きも可能です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA